読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORDER BREAK!に行ってきましたが、今日は植物の話題はありません。

 

私は結構いい大人で…と書くことがありますが、

世代でいうとミニ四駆とかハイパーヨーヨーとか

バト鉛とかが爆発的に流行した時代に小学生だった

11度目まして donattara です。

 

なんで男の子のおもちゃばっかりかと言いますと、女の子の遊びに全く興味がなかったんですね、当時。なかよしとかりぼんじゃなくてコロコロ派だった痛い女子でした。その時に似たような趣味だった友人はいまでも大切な親友です。あとの同級生はほぼ全員忘れました。

女の子が好きそうなもので死ぬほどハマったのはセーラームーンだけです。

これは元気がない時に観る、号泣専用のDVDが2枚あります。

痛々しいのは今も変わらないようです。(セリフも言えるよ!)

 

 

杜撰な工程管理

私は日本地図のまんなかあたりに住んでいるんですが、大阪まで出向くということで、前回の記事に書いた京都のcotohaさんに絶対行こうと思っていました。

今日は12月3日。オンシーズン・ハイシーズンの京都に行ったことはなかったんですが、師走やしええやろ。という気軽な気持ちでおりました。

 

有名な縁切り神社に行きたい。

あともう一つ、私はどうしても行きたいところがありました。

それは安井金比羅宮

www.yasui-konpiragu.or.jp

 

先に言いますと、この話長くなります。

 

当時の大河ドラマ平清盛」で井浦新さんの演じた崇徳上皇にハマりすぎて知った神社で、エグすぎて見てらんないくらいのお願い事がゴロゴロしていると話題のパワースポットです。

 

横幅3m位の石碑に参拝者の想いが込められたお札が無数に貼られていて、真ん中には人が通れるくらいの穴が空いています。東大寺の大仏の鼻の穴よろしくそこを潜って、悪縁を切り良縁を結ぶ、というおまじない的な神社です。

 

この年まで生きてるとぶった切りたい縁なんて売るほどあったので、これは好都合!と友人を誘ってみました。が、「ちょっとコワい」とことごとく言われてしまったので、残念ながら一人で行ってきました。

 

公式サイトを見ていただければ分かりますが、本物は想像より小さい石碑です。ただとてもえげつないルックスをしています。

石碑に貼られたお札一つ一つに赤裸々な願いが綴られていて、その重みだけで石が崩れてしまわないか不安になるほどです。

 

不幸なことに、まとめサイトに参拝者の絵馬が晒されていて、うわー…と思っていましたが、上にもありますが本物は載せられないくらいもっとえげつなかったです。あまりに悲痛すぎる叫びに心が捥がれそうでした。そう思うと私はとても平和で幸せだなと思います…。しみじみ。

 

現場に到着しました。

鳥居をくぐると、古風なラブホテルに直接入れる不思議な参道を通ります。(そういえば祇園でしたね)

 

本当はいろいろ写真を…なんて思っていたのですが、結局一枚も撮りませんでした。

絶対撮ったらいけない気がしましたし、なんせ相手は崇徳上皇です。生半可な気持ちで挑むとポキっと!やられてしまうと思い、一心不乱に願い事を書き込む女子たち(結構いた)に負けないよう、勢いそのままに願いを書きました。

 

じつはこのとき私は焦っていました。

無計画ゆえ、徒歩15分くらいの場所で30分400円の高級なコインパーキングに停めてしまっていたのです。歩いている間にもっと近くてもっと安いところがいくつも空いていて辛酸を舐めさせられました。(悪いのは私)

しかも石碑には10人くらいの悩める縁切り行列ができています。一人2分かかったら20分です。戻るのに15分。なんとか800円でとどめたい私は、非常に焦っていました。

もう一つ焦っていました。意外と穴が小さいぞ、と。

 

腰を痛めるdonattara

結論から言いますと、通れました。

でも2年前は絶対通れなかったと思います。ダイエットしといてよかった。

しかし、ツルツル滑る石に苦戦して腰に妙な違和感が。ピキってなった。

 

なんだか軽く負傷しながら絵馬を取り付けて、cotohaさんへ行くためにすごく遠い駐車場まで戻ります。金額上乗せまであと20分しかありません。

 

京都の街を走るのはさすがに恥ずかしすぎて(一人で石碑をくぐるのは恥ずかしくなかったよ!)、普段の倍ぐらいのスピードで歩きます。ガツガツガツガツ歩きます。横断歩道の横断回数を極力減らすようにシミュレーションしながら5分ほど歩くと八坂神社に差し掛かりました。

歩道を人がランダムに散っていますが、私はとても冷静に抜け道ルートを計測します。右・右・左・ストレート。これならスムーズに抜けられそうです。

 

いける!と踏んで進み出した時

「すいませ〜ん」

「!?」

 

終わった…。そう思いました。

 

手にケータイをもった奥様がニコニコしています。

《八坂神社》と書かれた石碑の前に5人の奥様がスタンバッています。

私にはシャッターを切る以外の選択肢はありませんでした。

「あ、念のためもう一枚とりますね〜^^」

「だいじょうぶそうですか?一応確認してくださいね^^」

すごいOMOTENASHIだと思いませんか…。なきたい。

 

そのあとも足だけどこか行ってしまいそうなスピードで歩き続け、あと3分!というところでギリギリ課金されずに駐車場までたどり着いたのでした。

無計画、ダメ、ゼッタイ。

 

なんでこんなこと書いたかと言いますと、

ちょっと信じられないことがあったからなんですよ。

あと、cotohaさんでついに育成ランプを買いました!

 

続きは後半で書こうと思います。

 

 

それでは、本日も素敵なグリーンライフを!